糖尿病について

日本糖尿病学会専門医の院長が診療いたします
お気軽にご相談下さい。

●初めて受診される方/検診などをきっかけに糖尿病の疑いがあると言われた方

お手元に検査結果などがあればお持ちください。
診察、検査、初回の指導など、30分から1時間程度かかります。時間に余裕を持ってご来院ください。

●糖尿病とは・・・「静かに進行する病気」

糖尿病は、最初は自覚症状が出にくいために、ついつい放置してしまう方が多いと思われます。
しかし、血糖管理が不十分のまま放置すると、糖尿病網膜症による視力の低下や失明、高血圧や高コレステロール血症との合併症により心筋梗塞や脳梗塞で死亡したり、寝たきりになってしまう恐れがある病気です。

平成19年の国民健康・栄養調査より

糖尿病の疑いが強い人は約890万人おり、そのうち、ほとんど治療を受けたことがない人が約4割もいます。
また、「糖尿病が強く疑われる人」の890万人と「糖尿病の可能性を否定できない人」の1,320万人を合わせると、全国に2,210万人いると推定されています。

●糖尿病の治療について

【まずは食事療法から】

糖尿病と診断されたら、身体活動量等に合わせた食事をする必要があります(食事療法)。
食べてはいけないものはありません。自分にあった食事量で、必要とする栄養素をとるように工夫します。
バランスのとれた食事ですので、家族と一緒に食べられます。 1日に食べる量は、お一人お一人に合わせて指導いたします。

【運動療法】

患者様お一人お一人に合わせた運動療法をご提案いたします。
糖尿病の様々な症状を改善し、さらに動脈硬化の予防などの点でも効果があります。
自分に合った運動をよく相談した上で、有酸素運動(散歩、水泳、ジョギング等)で、無理をせず適切な運動を継続する事が重要です。

【薬物療法】

糖尿病の状態、合併症の有無などを考慮して、経口薬や注射薬であるインスリン製剤等を用います。

●糖尿病の検査について

  • ・血糖値の検査
  • ・HbA1c(1~2ヶ月の血糖値の変化がわかります)
  • ・75g経口ブドウ糖負荷試験(約2時間)